葬儀費用を安く抑える方法


葬儀には、一体どの程度の費用がかかるものなのでしょうか。もちろん葬儀の規模や宗派などによっても異なりますが、平均的にどの程度の費用がかかるのかを見てみましょう。葬儀費用の全国平均としては、236万円程度となっています。


内訳は、葬儀費用一式150万円・お経や戒名などの寺院関係の費用49万円・飲食接待費用37万円となっています。これらの費用は全国平均となっていますが、関東などの都市部ではもう少し高くなっているようです。一般的な葬儀の値段となりますが、小規模であったり家族葬、友人葬などであれば費用は安く抑えられるようです。


区民葬や市民葬などを利用すれば、もっと安く費用を抑えることも可能です。葬儀の費用をなるべく低く抑えたいのであれば、最初から出せる金額を伝えるというのもひとつの方法です。この範囲内で葬儀を行ってくれるようにお願いすると、費用は安く抑えることが出来ます。


全国平均の葬儀費用を見てもわかるように、葬儀というのは大変お金のかかるものです。費用をかければ良い葬儀が出来るという訳ではありません。どれだけ真心を込めた葬儀を行うことが出来るのかどうか、ということにかかっているのではないでしょうか。


自宅で葬儀を行えば会場費や人件費なども抑えることができ、本人も自宅から送り出してもらえると自宅で葬儀を行う方もいらっしゃいます。しかし、近隣住民への告知、駐車場の手配等、手間がかかってしまうことも事実です。費用がかかっても手間を省く為に、会館などを借りて葬儀を執り行なうという方もいらっしゃいます。それぞれの考え方にもよるので、かかる費用も異なってくると言うものです



家族葬・密葬 小規模葬儀で費用を抑える


葬儀には、何かと費用がかかってしまうものです。最近では、密葬や家族葬などで葬儀の費用をなるべく抑えようと考える方も多くなってきました。それに、故人の意向として「派手な葬儀は止めて欲しい」と願う方もいらっしゃるようです。


現在では見栄や義理に縛られることなく、心温まる葬儀を行いたいという思いが強く表れてきているようです。家族葬というのは、会葬者が親族や身近な方のみに限定される為に低予算で抑えることが可能です。さらに、仏式や神式のように会葬者が予想以上に増えて費用が多くかかってしまうということがありません。


葬儀の費用を抑えたいのであれば、家族葬が最適というわけです。家族葬や密葬には、きちんとした定義はありません。ですから何名までが家族葬・密葬になるということもありませんが、一般的には10名から30名程度とされているようです。



低予算で心の篭った葬儀が可能です


家族葬や密葬の費用も各葬儀会社やプランによって異なりますが、25万円程度と考えておけば良いのではないでしょうか。最近家族葬や密葬が多く行われているのは、何も低予算で済むからという訳だけではないようです。一番身近な人達だけで故人を偲び、真心を込めて見送ってあげたいという思いから選ばれる方も多いようです。


しきたりに縛られた葬儀ではなく、心のこもった葬儀が低予算で済むのであればそれに越したことはありません。但し密葬の場合は親族のみで見送った後に、お別れ会や社葬などを行うのが一般的とされています。


密葬の後に、改めて本葬を行うというのが正しい密葬の方法となります。会社の経営者などが密葬を行うことが多く、2度葬儀を行うことになります。ですから密葬の場合は、費用を抑えるということにはなりません。低予算で行う小規模な葬儀は家族葬、友人葬などと呼ばれることが一般的です



カテゴリーリスト

cms agent template0027/0030 ver2.0